Binanceの評判・メリット・デメリット 初めての海外取引所ならBinance!




こんにちは!管理人です!

現在海外の取引所は数多く存在しています。

中にはあまり機能していない取引所や閉鎖してしまう取引所もあり英語でよく分からなかったりします。

その中でも私がメインで取引しているBinanceを今回は評判・メリット・デメリットをレビューしたいと思います。

仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」の概要

Binance会社概要
会社名: BINANCE
住所:香港
設立:2017年7月
代表取締役:ChangPeng Zhao

Binance公式動画

ChangPeng Zhao CEOによる会社紹介

取り扱い仮想通貨

Binanceでは約96種類の仮想通貨が取り扱われています。

Binanceは積極的に新しい仮想通貨を上場させたりとアクティブな運営をしています。

その通貨の決め方もユーザーに投票させて決めたりとかなりユーザー目線な運営ですね。

新しい通貨が上場すると価格上昇にも繋がるので目が離せません!

通貨の売買手数料が安い

Binanceは通常の取引手数料が0.1%とかなり安いです。

さらにBNB(Binance coin)仮想通貨を保有し、手数料支払いの通貨をBNBに設定しておけば取引手数料が50%引かれます。

つまり0.05%で取引が可能となっております。

一応取引所の手数料の比較をしてみましょう。

Binance Bittrex Poloniex
手数料 0.05~0.1% 0.25% 0.15%

このようにBinanceは他の海外取引所の中で安く取引できます。

日本語対応している

海外取引所で唯一日本語対応しています。

それだけ日本ユーザーのことを考えてのことでしょう。日本は仮想通貨市場では外せない存在ですからね。。。

アフィリエイト報酬が面白い

Binanceはアフィリエイト報酬がとても魅力的で面白いです。

普通のアフィリエイトでは登録したら○○円とかですがBinanceは登録してくれた人がトレードをするとその手数料の半分が貰えます。

しかもそのトレードした銘柄が貰えます!金額でいうと1円とか2円とかとても少ないですがトレードを重ねると塵も積もれば山となる。

なので友達などに紹介するときは自分のリンクから招待しましょう!

アフィリエイトのやり方は後日記事にします。

BTCの分裂時に通貨が付与される可能性が高い

仮想通貨の中で特にビットコインはハードフォークすることが多いです。

BCH(ビットコインキャッシュ)などはBTCから分裂したコインの例です。

分裂時にBTCを仮に10BTC持っておくとその数のコインが付与されます。

Binanceなどに置いておけば分裂時に貰えるのでお得になります。

現時点でBCHは30万付近なので10BTC持ってれば300万分のコインが貰えたことになりますね。


公式が全てのフォークコインを付与すると明言

本人確認無しで取引が出来る

Binanceは本人確認をしなくてもBTCを入金すればトレードが可能となっております。

すぐにトレード始めたい人にとってはありがたい話ですね!

Binance(バイナンス)のデメリット

取引所が中国

2017年に中国は仮想通貨取引所の規制を発表しました。それに伴い多くの取引所が閉鎖をしました。

なので今後Binanceに規制が入らないとは言い切れませんがBinanceに拠点を置く可能性が高くそれ以外にも中国外で運営をするようなので規制の可能性はより低くなってます。

まとめ

Binanceは私も愛用している取引所です。取引高もBittrexを抜かし世界一の取引所になりました。

今後はBinanceが海外取引所をリードすると私は考えています。

スマホのアプリからでも簡単に出来るのでもし興味がありましたら口座開設をオススメします。

口座開設はこちら→Binance

参考になりましたらブログランキングにも参加してますので応援して頂ける方は1日1回クリックお願い致します!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ








2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です