bitFlyerの評判・メリット・デメリット BTCFXをするならbitFlyer




こんにちは!管理人です!

現在日本の取引所は大きく分けて三つの大手取引所が存在します。

日本アルトコイン最大手のコインチェック、ビットコインFXのビットフライヤー、積み立て&Zaif銘柄のZaifの三種類存在します。

その中のビットコインFXのビットフライヤーを今回は評判・メリット・デメリットをレビューしたいと思います。

仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」の概要

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitFlyer会社概要
会社名: 株式会社bitFlyer
住所:〒107-6208 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー 8F
設立:2014 年1月9日
資本金:41億238万円
代表取締役:加納裕三

取り扱い仮想通貨

ビットフライヤーでは主に6種類の仮想通貨が取り扱われています。

主な取り扱い主要通貨
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
ETC(イーサリアムクラシック)
MONA(モナコイン)
LTC(ライトコイン)
BCH(ビットコインキャッシュ)

上記の6種類が主な取り扱い主要通貨になります。

レバレッジ最大15倍の信用取引「bitFlyer Lightning」が使える

bitFlyerの一番の目玉であるbitFlyer Lightning

bitFlyer Lightningでは最大15倍のレバレッジをかけることが可能となり、買いで入るロングや売りで入るショートで利益を出すことが出来ます。

仮想通貨の世界ではかなり乱高下するのでレバレッジ取引をしてハイリスクハイリターンな取引が可能となっています。

bitFlyerは高機能なリアルタイムチャートが使えます。プロトレーダーも使っているのでFXを使うならbitFlyerですね。

セキュリティ対策と損害補填制度が万全

bitFlyerでは二段階認証を設定しているユーザー対象で損害補償制度が適用されます。

預けている資産額が日本円換算100万円越えのユーザーは最大年間500万円で預けている資産額が日本円換算100万以下のユーザーは10万円までの保証をしてくれます。

保障サービスをしている取引所はコインチェックもありますが比較してみましょう。

補償範囲 最大補償金額
coincheck 日本円・仮想通貨 最大100万円
bitFlyer 日本円の出金 最大500万円

 

お店や決済サービスがビットコインで使える

bitFlyerはビックカメラなどの企業と連携し決済サービスを増やしています。bitFlyer内でもAmazonギフトを購入したり出来ますので使い道が他と比べて多いのも特徴です。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)のデメリット

販売所のスプレッドが高い

bitFlyerのスプレッドが他の取引所に比べて圧倒的に差が開いています。

写真の1BTCを買う時の購入価格は1,550,644円、売却価格は1,489,084円で、この差額65,560円がスプレッドになります。

スプレッドが高ければ高いほどユーザーの手数料が増えてトレードでは不利になります。

bitFlyer Lightningではスプレッドは0.02%とかなので気にしなくていいです。

取り扱っている通貨が少ない

ビットフライヤーでは主に6種類の仮想通貨が取り扱われていますがコインチェックやZaifに比べてとても少ないです。

多くの通貨やスプレッドを気にしたくない場合はコインチェックやZaifも作っておくといいですね。

国内取引所アプリ利用者No.1 coincheck

2017.12.31

Zaif取引所の評判・メリット・デメリット 積み立てをするならZaif!

2017.12.31

まとめ

bitFlyerはやはりBTCFXをする人なら作った方がいいと思われる取引所ですね。

スマホのアプリからでも簡単に出来るのでもし興味がありましたら口座開設をオススメします。

口座開設はこちら→bitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

参考になりましたらブログランキングにも参加してますので応援して頂ける方は1日1回クリックお願い致します!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です