仮想通貨BTC(ビットコイン)について解説します!暗号通貨の凄さも必見です!




BTCとは?

その前に仮想通貨について

BTCを知る前に軽く仮想通貨について理解しておきましょう

仮想通貨は実体のないデータで発行された通貨であり、インターネット上で取引され特定の国家による価値の保証がないものである

また、高度な暗号技術を用いた仮想通貨を暗号通貨とも言う

仮想通貨の種類は何百種類も存在し、今でも増え続けている

その中のひとつがBTC(ビットコイン)である

BTCの基本情報

会社:非中央集権のためなし

通貨名:bitcoin(ビットコイン)

通貨単位:BTC、XBT

使用開始日:2009年1月3日

発行上限数:21,000,000BTC

BTCの歴史

  • 2008年 – 「サトシ・ナカモト」の名前で発表された論文で初めて紹介された[13]
  • 2009年 – Bitcoin-Qtという最初のオープンソースクライアント(ウォレットアプリケーション)がリリースされ、最初のビットコインが発行された[14][15]
  • 2009年 – 運用が開始される[11]
  • 2009年 – Bitcoin-Qtにある一つの機能が実装され、大量のビットコインが鋳造された。これは、ビットコインの取引と採掘を実施できるソフトウェアが Bitcoin-Qt しか存在しなかったためである。この機能は、採掘に特化したソフトウェアのほうがより効率が良いと判明したため、その後[いつ?]削除された。それ以降[いつから?]、ビットコインのオープンソースソフトウェアは、中核的な開発者と他の協力者のグループによりメンテナンスされ、拡張されている。
  • 2009年5月 – サトシ・ナカモト[8][9]を名乗る人物によって論文が投稿される[10]
  • 2010年5月22日 – アメリカフロリダ州でプログラマーがピザ2枚を1万ビットコインで購入したのが、ビットコインで商取引が成立した最初の例と言われている[16]。このことから5月22日は「ビットコイン・ピザ・デー」と呼ばれる[17]
  • 2011年 – 1ビットコインの価値が約0.3米ドルから32米ドルまで急騰し、2米ドルに戻った。
  • 2012年後半と2013年のキプロス金融危機の際には、ビットコインの価格は高騰し始め、2013年の4月10日には266米ドルのピークに達し、その後、約50米ドルまで下落した。
  • 2013年 – 連邦捜査局 (FBI) はオンライン闇市シルクロードを閉鎖し、2850万米ドル相当を押収した[18]
  • 2013年3月 – 技術的欠陥によりブロックチェーンの分岐が起こった。6時間の間、分岐した2つのビットコインネットワークは同時に運用され、各々が固有の取引履歴を持つことになった。激しい売り攻勢に直面し、中心的な開発者たち[誰?]は取引の一時的な停止を呼びかけた。ネットワークの大部分が、欠陥のあるバージョン0.8からバージョン0.7のビットコインソフトウェアにダウングレードされることにより、正常状態に復帰した[いつ?]
  • 2013年5月 – ビットコイン取引所のマウントゴックスに帰属する資産が米国の国土安全保障省により押収され、薬品売買を行うSilk RoadのウェブサイトがFBIにより閉鎖された[要出典]
  • 2013年10月 – 中国のIT大手バイドゥは、自社のウェブサイトセキュリティサービスの利用者にビットコインによる決済ができるようにした。ビットコインのATMは、2013年の10月にカナダのブリティッシュコロンビア州バンクーバーで初めて導入された。
  • 2013年11月 – 採用する意向を示すブリック・アンド・モルタル企業は1000社に留まり[19]、オンライン企業2万社と対照的である[20]。中国を拠点とするビットコイン取引所のBTC Chinaは、日本を拠点とするマウントゴックスと欧州を拠点とするBitstampを追い抜き、取引量において世界最大のビットコイン取引所となった。
  • 2013年11月19日 – 米国上院委員会の公聴会において、仮想通貨は合法的な金融サービスであるとされ、マウントゴックスのビットコインの価値は900米ドルのピークに達した。同日、あるビットコインが中国で6780人民元(1,100米ドル)で売買された。
  • 2013年11月 – ビットコインはおよそ1,200万個存在しており、時価総額は少なくとも72億米ドルまでに達した。
  • 2013年11月23日 – ビットコインの時価総額は初めて100億米ドルを超えた。
  • 2013年12月5日 – 中国人民銀行は、中国の金融機関がビットコインを使用することを禁止した[要出典]発表ののち、ビットコインの価値は下落し、バイドゥは特定のサービスについてはビットコインの受け入れを取りやめた[要出典]中国では2009年以降、実世界の商品を仮想通貨で購入するのは違法となった。[要出典]
  • 2014年1月 – ビットコインを使ったマネーロンダリングの容疑で2人の男が逮捕された[要出典]。BitInstant取引所の所長とビットコイン財団の副会長を務めるCharlie ShremRobert Faiellaである。ShremはFaiellaに大量のビットコインを購入させ、それを使って闇市場サイトで非合法ドラッグを買わせた疑いが持たれている[誰によって?]
  • 2014年2月 – 最大級のビットコイン取引所のひとつであるマウントゴックスは、「トランザクション展性」という脆弱性に関する技術的問題を理由にして、ビットコインの引き出しを一時的に停止した[要出典]。同社がシステムの修正を進める中、一週間後にビットコインの価格は2月1日の800米ドルから400米ドルまで下落した。
  • 2014年2月24日 – マウントゴックスのウェブサイトはネットワークから切り離され、全ての取引が停止された。決済プログラムの欠陥により、数年間にわたって計3億5000万米ドル相当のビットコインが盗難の被害に遭ったとの報告が行われた最中の出来事だった[要出典]
  • 2014年2月26日 – 大手取引所のマウントゴックスが全ての取引を停止した[21]
  • 2014年2月26日未明 – 大手取引所のマウントゴックス[注釈 1][注釈 2]が全ての取引を停止し[21]、「取引所のサイトと顧客を守るため、全ての取引を一時的に中断することを決めた」とした[22]ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、25日、ニューヨーク南連邦地方検事局が捜査に着手し、マウントゴックスに召喚状を送り、書類の保全などを命じた[23]。28日、会社は東京地方裁判所民事再生法の適用を申請し、受理された[24]。 会社は被害額が85万ビットコイン(114億円相当)および現金28億円としている。(480億円相当が正しい[25]。) グローコムの楠正憲客員研究員によれば、本来発行された取引IDを顧客が改ざんすることができ、もとのIDに問い合わせても取引IDがないため何回でも取引を要求できるという[26](トランザクション・ミュータビリティーといい、2011年に指摘済みだったがマウントゴックスは放置し、何回でも再送金したという)[要出典]。「ネットエージェント」の杉浦隆幸代表によれば、秘密鍵を管理する『財布』のパスワードを盗みとることができれば、大量の不正引き出しも可能だとする[26]詳細は「マウントゴックス」を参照
  • 2014年6月13日 – 米オンライン旅行最大手エクスペディアがホテル予約でビットコイン利用を開始[27]
  • 2014年7月18日 – デルが公式ホームページを通じた自社製品の販売で、ビットコインによる支払いの受け付けを開始[28]
  • 2014年8月 – アメリカの楽天スーパーロジスティクスがビットコイン決済の取扱を開始[29]
  • 2015年12月18日時点 – ビットコインの時価総額は約8400億円[30]
  • 2015年1月26日 – 大手取引所Coinbaseが、アメリカ24州の認可を受けたビットコイン取引所「Coinbase Exchange」をオープン[31]
  • 2015年10月22日 – 欧州司法裁判所はビットコインの売買は欧州付加価値税英語版の適用は除外されると判決を下した[32]
  • 電子フロンティア財団といった非営利団体など、メインストリームのサービスは、決済の方法としてビットコインを受け入れ始めた[いつ?]
  • 2017年4月29日時点 – ビットコインの時価総額は約23785億円,1BTCは145,934円 [33]
  • 2017年5月25日時点 -金の最高値を抜き、25日に年初の3倍となる1ビットコインあたり2700ドル台まで上昇した[34]
  • 2017年7月25日 – ロシア人のアレクサンドル・ビーニクが、マウント・ゴックスなどから不正に入手した収益を自身のビットコイン取引所を通じて資金洗浄した容疑で、ギリシャ滞在中に逮捕されたことが分かった[35]
  • 2017年8月1日 – ハードフォークによりビットコインキャッシュが分裂。
  • 2017年10月24日 – ハードフォークによりビットコインゴールドが分裂。
  • 2017年11月25日 – ハードフォークによりビットコインダイヤモンドが分裂。
  • 2017年12月6日 – 1ビットコインの価値が初めて12000ドルを超えた[36]
  • 2018年1月15日 – ライトニングネットワークによる世界で初めての物品購入が行われた。[37] またついで2月25日には、世界で初めて、ビットコインで商取引(ピザの購入)を行った人物が、再びライトニングネットワークでピザを購入した。

 

Wikipedia – 引用

BTCの特徴

BTCは暗号通貨でブロックチェーン技術を用いています

ブロックチェーンは分散型台帳技術とも言われ、これによりbitcoinに対しての情報の改竄を防ぐことができます

仕組みとしては、bitcoinのやりとりがあった際に、その情報がブロックに記録されます

その記録は世界中の皆が共有しています

さらに新しい情報が新しいブロックに記録され、先ほどのブロックに繋がります

この流れが続いていく感じです

この情報を記録する作業をマイニングといい、その作業をする人をマイナーといいます

マイニング(採掘)をすると報酬として新しく発行されるbitcoinを受け取ることができます

 

この情報を改竄しようとしても、書き直してしまうと新しい二本目のチェーンとして出来てしまいます

ブロックチェーンはチェーンが分岐した場合、長い方が正しい取引とするルールがあります

これにより、改竄している間も世界中のマイナーが続々とチェーンを伸ばしているため不正ができなくなります

ニュースでbitcoinの流出等の事件を見たことがあると思います

別にbitcoin自体に何かされたわけじゃなく、保管している会社のセキュリティに不備があったため、盗まれ流出しているのです

なのでbitcoinの安全性に関しては今のところ非常に高いことが分かります

BTCのメリット・デメリット

非中央集権通貨

先ほどのBTCの特徴での説明でbitcoinの安全性・信頼性を理解していただけたと思います

BTCのメリットとして非中央集権であることが挙げられます

ではもし中央集権であった場合どうなるか考えてみましょう

中央集権は国や中央銀行、企業などが管理していることを言います

国が発行している通貨などが例ですね

もし国が戦争などで滅んでしまった場合、この通貨は価値がなくなってしまいます

しかし、非中央集権だとどこの管理下にもおかれていないため価値に影響はありません

これが非中央集権のメリットと言えますが、もちろんデメリットもあります

どこの管理下にもおかれていない通貨なので、想定外のことが起こっても保証してくれません

どちらも一長一短であることを理解しておきましょう

取引について

ビットコインでの取引はいくつかメリット・デメリットがあります

メリット
・24時間365日取引可能

FXとは違い、いつでも可能

・どこの国でも送金ができ、早くて手数料も安い

銀行など経由せずに送れるため安く済む

・少額からでも取引可能

1,000円くらいからでも可能

・取引情報の透明性

取引情報が公開されるが個人情報は洩れない

デメリット
・国による保証がない

暴落したりハッキングされてもお金が戻る保証はどこにもない

・価格変動が激しい

長期的に保有するのは難しい

・誤送金しても戻ってこない

QRコードやアドレスには要注意

取り扱っている取引所・販売所(国内)

bitFlyer

bitFlyerの評判・メリット・デメリット BTCFXをするならbitFlyer

2017.12.31

Zaif

Zaif取引所の評判・メリット・デメリット 積み立てをするならZaif!

2017.12.31

GMOコイン

GMOコインって何?GMOコインの口座開設~メリットまで

2018.04.17

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのメリット・デメリットについて解説 アルトコインのレバレッジ取引と使いやすい取引ツールが特徴!

2018.04.21

bitbank

bitbankでリップルを安く購入!他とは違う安さでお得に取引しよう!

2018.05.01

QUOINEX

国内最大級の仮想通貨取引所、QUOINEXについて解説!強固なセキュリティと独自のサービスが魅力

2018.04.29

終わりに

今やBTCを扱っていない取引所はないんじゃないかってくらい有名です

価格の急な変動に気を付けて取引を行いましょう

参考になりましたらブログランキングにも参加してますので応援して頂ける方は1日1回クリックお願い致します!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

国内仮想通貨取引所








コメントを残す