中国が仮想通貨取引解禁!?今後の動きなどをまとめ




こんにちは!管理人です!

連日仮想通貨の高騰でみなさんウキウキだと思いますが中国の存在覚えていますか?

最近では韓国が仮想通貨価格のTOPに躍り出ていますがちょっと前までは中国が仮想通貨のTOPでした。

国が仮想通貨市場をコントロール出来なくなり元が国内から逃げていくことを恐れ現在中国では規制が設けられています。

しかし最近になって中国が仮想通貨を解禁する可能性が高まってきました。

ソース
Chinese authorities’ ‘crackdown’ on bitcoin miners will not see them banned and will instead focus on removing their preferential treatment in local provinces.

Chinese publication Ciaxin is reporting that, contrary to rumors on Wednesday, Chinese authorities haven’t asked bitcoin miners to shut down their operations in the country.

China is home to nearly two-thirds of the bitcoin hashrate with mining operations rampant in the Sichuan province and the autonomous regions of Inner Mongolia and Tibet that provide cheap hydroelectricity and cooler temperatures for the energy-intensive process of cryptocurrency mining.

Citing a source with knowledge of regulators’ moves, the ‘crackdown’ will extend to removing friendly treatment for mining centers near cheap hydroelectric power. Preferential policies in electricity consumption, tax cuts and land use for bitcoin mining centers are all under the scanner. Taking advantage of local connections, some mining facilities may also be consuming power at a lower cost, the report added.

The supposed ‘closed-door’ meeting held on Wednesday between the People’s Bank of China (PBoC) and members of a major internet finance regulator, will see authorities move to “standardize” the electricity usage of ‘some’ bitcoin miners, according to QQ.com.

Local government officials have also been asked to investigate the “nonstandard uses of electricity” after concerns that high power consumption may have affected normal electricity usage in the region, in some cases. To oversee these curbs, the National Development and Reform Commission, will also participate as the nation’s power supply regulator.

As reported previously, the ‘crackdown’ on bitcoin mining in China could prove to be beneficial to the wider bitcoin ecosystem by decentralizing the majority mining hashrate located in the country.

Featured image from Shutterstock.引用 CCN

翻訳

google翻訳
中国当局は、マイナーの「摘発」が禁止されているとは見なさず、代わりに地方の特権を取り除くことに集中する。

中国の刊行物Ciaxinは、水曜日の噂とは対照的に、中国当局はビットコイン鉱夫に国での事業を停止するよう要請していないと報じている。

中国は、四川省、内蒙古自治区、チベットの自治区域で急激な水力発電と低温をもたらし、暗号集権鉱業のエネルギー集約的なプロセスのための鉱業事業が、ビットコインハッシュレートのほぼ3分の2を占めています。

規制当局の動きを知っている情報源を挙げると、「弾圧」は、安い水力発電所の近くにある鉱業施設の友好的な扱いを排除することにまで及ぶだろう。ビットコイン鉱業センターの電力消費、減税、土地利用の優遇政策はすべてスキャナーの下にある。地元の接続を利用して、一部の鉱業施設も低コストで電力を消費する可能性がある、と報告書は付け加えた。

中国人民銀行(PBoC)と主要インターネット財務規制当局のメンバーとの間で開かれた閉会式の会合では、QQによると、当局が一部のビットコイン鉱夫の電力使用を「標準化」する方向に移行すると見られる.com。

地方政府関係者は、高電力消費が地域の通常の電力使用に影響を与える可能性があるという懸念のために、「非標準的な電気の使用」を調査することも求められている。これらの抑制を監督するために、国家発展改革委員会もまた、国家の電力供給規制者として参加する。

これまでに報告されているように、中国のビットコイン鉱業における「取り締まり」は、国内にある大半の採掘ハッシュレートを分散させることにより、より幅広いビットコインの生態系に有益であることが分かった。

要約すると規制はしないでちゃんと下準備をすることでちゃんとマイニングできるよってことです。

今後の動き

ここからは私の予想に過ぎませんが、中国は仮想通貨市場に戻ってくると思います。

これだけ国益にも繋がりデジタルマネーは中国の方が実は発展してます。

元々中国は仮想通貨に対して前向きの考えでしたのでこれから市場はもっと盛り上がると思います。

中国のマイナー達がしっかりとマイニングすればBTCの詰まりも今以上に解決します。

2018年はまだまだ成長する可能性が高いです。

そして皆さんが気になるのはどの銘柄が上がるかですよね。

中国銘柄が注目されると思います。

 

この二つが今人気になっておりNEOもこれから大きく上昇すると思います。

この二つが買えるのはこちらの取引所です!

Binanceの評判・メリット・デメリット 初めての海外取引所ならBinance!

2018.01.01

参考になりましたらブログランキングにも参加してますので応援して頂ける方は1日1回クリックお願い致します!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

投稿者プロフィール

管理人
管理人
元バイヤー、2016年から仮想通貨市場に参戦した投資家です。
趣味は旅行。
推し仮想通貨はLISK XRP NEM BNB TPAYです!










1 個のコメント

  • コメントを残す