カタパルト実装間近!?高機能な仮想通貨NEM(ネム)について解説します!




NEMとは?

NEM(ネム)New Economy Movement(訳:新しい経済活動)の略であり、その名の通り新しい経済圏の確立を目指し2015年に発表されたプロジェクトです。

NEMのブロックチェーンを利用し発行される仮想通貨はXEM(ゼム)であり、総発行数量は8,999,999,999XEMとなっています。

NEMの基本情報

会社:なし

通貨名:XEM(ゼム)

通貨単位:XEM

使用開始日:2015年3月

システム(アルゴリズム):Proof of Importance

発行上限数:8,999,999,999XEM

NEMの特徴

Proof of Importance

NEMの最大の特徴はProof of Importanceという独自のアルゴリズムを採用している点です。

これはブロックチェーンの生成における各ブロックの承認者を選定する方法に関するアルゴリズムなのですが

Bitcoinなどの仮想通貨ではProof of Workというアルゴリズムを採用しており、これは仕事量の大きさに応じて各ブロックの承認者を選定します。

よって莫大な電力を消費し、高性能なPCで仕事量を増やすことのできる一部の人々が報酬を偏って受け取る、という事態が発生しました。

対してNEMで採用されているProof of Importanceというアルゴリズムでは、アカウントにインポータンス(重要度)というスコアがつけられるようになっており、そのスコアに応じてハーベスティング(ビットコインで言うところのマイニングのこと)に成功する確率が高くなるようになっています。

インポータンスの上昇には保有している通貨の量だけでなくNEMのネットワークに積極的に参加し、XEMのやり取りを活発にする必要があるため、高度なPCを使い多くの仕事量をこなせる一部の人間だけではなく一般の利用者も頑張り次第で報酬を得る機会ができます。

このアルゴリズムの採用により報酬の偏りを減らし、富を再分配するというのがProof of Importanceの目的でありNEMの一番の特徴でしょう。

ハーベスティング

取引の承認により仮想通貨を報酬としてもらうことをビットコインではマイニングと呼びますがNEMではこれをハーベスティング(収穫)と呼びます。

Proof of Importanceの項目で説明した通りハーベスティングの成功確率はインポータンスのスコアによって決まるのですがNEMのハーベスティングには2種類の方法があります。

  1. 従来のマイニングのように自分のPCを利用して行うローカルハーベスティングと、
  2. 自分のPCを利用せずスーパーノードと呼ばれるノードに作業を委託して行う デリゲートハーベスティング

の2種類です。

これによりユーザーは高性能なPCや膨大な電力を消費しなくてもハーベスティングに参加することができます。

スーパーノード

デリゲートハーベスティングにおいて作業の委託を受けるノードをスーパーノードと呼びます。

NEMのスーパーノードになるには厳しい条件があります

  • 3,000,000XEM以上の保有
  • 細かなシステム要件、一日4回の性能検査をクリアすること

などがあります。

スーパーノードはNEMネットワークの中核を担い、セキュリティ、運用の面で常に意識をする必要がありますがその分莫大な報酬がファンドから支給されます。ファンドの資金が枯渇した場合、ブロックに含まれるトランザクション手数料の一部が報酬として割り当てられることになっています。

NEMのメリット・デメリット

優秀なセキュリティ

NEMにはマルチシグという機能があります。これはトランザクションの署名に複数の秘密鍵を必要とする技術です。単純にシングルシグと比べ、1つの秘密鍵の情報がハッキングされてもコインが盗難されるのを防いだり、誤送金などのリスクを減らすことができます。

またビットコインのマイニングにはウィルス感染などで当人の意図せず接続されたコンピューターが使用される可能性がありますが、NEMではEigenTrust++というアルゴリズムを採用し、ノードの質や動作を監視、評価しています。

Proof of ImportanceやEigenTrust++の採用により違法なハーベスティングが容易には不可能になっています。

カタパルト

カタパルトとはNEMに実装される大型のアップデートのことだと考えてくれてよいです。

NEMの開発に携わり、Zaifの運営も行っているテックビューロ株式会社が提供しているブロックチェーン商品にmijinというものがあります。

mijinという商品の大型アップデートのプロジェクト名がカタパルトであり

このアップデートがNEMにも実装予定です。

ちなみにですが2018年5月14日にmijinへのカタパルトの実装が行われています。

2018年中、つまり近いうちにNEMへも実装予定のこのアップデートでは

  • 送金処理能力の大幅な向上
  • スマートコントラクトの実装

などNEMがさらに仮想通貨、暗号通貨として使いやすくなることから注目を集めています。

特に送金処理に関してはカタパルトの実装後

秒間約4000件の送金処理

を行うことが可能とされています。

これはVISAと同程度の処理速度であり、送金に特化したXRP(リップル)よりも高速です。

このようなアップデートを間近に控えていることは相場の不安定な仮想通貨市場においてとても大きなメリットであると言えます。

取引について

NEMでの取引はいくつかメリット・デメリットがあります

メリット
・24時間365日取引可能

FXとは違い、いつでも可能

・どこの国でも送金ができ、早くて手数料も安い

銀行など経由せずに送れるため安く済む

・少額からでも取引可能

1,000円くらいからでも可能

デメリット
・国による保証がない

暴落したりハッキングされてもお金が戻る保証はどこにもない

・価格変動が激しい

長期的に保有するのは難しい

・誤送金しても戻ってこない

QRコードやアドレスには要注意

取り扱っている取引所・販売所(国内)

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのメリット・デメリットについて解説 アルトコインのレバレッジ取引と使いやすい取引ツールが特徴!

2018.04.21

Zaif

Zaif取引所の評判・メリット・デメリット 積み立てをするならZaif!

2017.12.31

Coincheck

国内取引所アプリ利用者No.1 coincheck

2017.12.31

取り扱っている取引所・販売所(国外)

HitBTC

マイナーなアルトコインや上場直後のICOが狙い目!HitBTCのメリット/デメリットを解説

2018.05.01

Bittrex

種類豊富過ぎる取引所Bittrex!そのメリット~口座開設を紹介します!

2018.04.30

Huobi

取引高世界最大級 Huobiの特徴やメリット/デメリットをわかりやすく解説

2018.04.08

Binance

Binanceの評判・メリット・デメリット 初めての海外取引所ならBinance!

2018.01.01

 

参考になりましたらブログランキングにも参加してますので応援して頂ける方は1日1回クリックお願い致します!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

国内仮想通貨取引所








コメントを残す