【ニュース】Coincheck(コインチェック)NEMの補償完了・今後の流れなどを解説




1月26日に仮想通貨NEMが日本最大手仮想通貨取引所であるコインチェックから時価580億円分ハッキングされてしまった事件から約一ヵ月半。

ようやく本日3月12日にNEMの補償が行われた。

これを気に各取引所で大きな出来事(主に悪い方面)が起きており、仮想通貨市場に大きな痛手を負うことになりました。

今回のコインチェックの巨額の流出問題で改めて取引所の重要性と個人管理を徹底しなければならないということが多く学べたと思います。

これからの市場の推移などを予想していきたいと思います。

コインチェック一部仮想通貨の出金・売却再開について

一部仮想通貨の出金・売却再開について
再開日時:2018年3月12日(順次)
再開機能:一部仮想通貨の出金、売却(入金、購入は対象外となります)
出金再開対象仮想通貨:ETH、ETC、XRP、LTC、BCH、BTC
売却再開対象仮想通貨:ETH、ETC、XRP、LTC、BCH(BTCは当初より停止を行なっておりません)

今回はコインチェックで売却と出金のみ再開されたことになります。

コインチェックではBTC、アルトコインを買うことが現在出来ません。

NEMが返金!これって税金かかるの?

これに関しましては専門家ではないので断定することが難しいですが恐らく購入金額から利益が出ている場合、雑所得が課税される可能性が高いです。

国税庁が発表などをしてくれる可能性もあるのでその値度SNSなどで仮想通貨ツイッタラーをチェックしておきましょう。

NEMが大暴落してるけど大丈夫?

完全に今がチャンスだと私は考えています。

今コインチェックでNEMを持っている人はほとんどいません。補償価格は88円で現在40円付近なので以前に比べて2倍のNEMを購入することが出来ます。NEMのファンだった方は必ず購入すると考えられるので60円くらいまではすんなり戻ると思います。なので私はチャンスかなと思いzaifで購入しました。

コインチェックの今後

コインチェックはNEM騒動で大きく信頼を落としましたがどんな企業でも失敗することはあります。今回の騒動でコインチェック被害者の会などを結成し、弱っているコインチェックに畳みかけようとしている方もニュースなどで見ましたが酷いなと個人的に思いました。

確かにコインチェックがセキュリティーを甘く見積もったことは許されない事実ですが元々発展途上の分野、こういうハッキングのリスクは0%ではないのは周知の事実。こうならない為に個人のウォレットが存在しています。取引所に預けておくのは自己責任だと私は思います。

このような経営状態になってもコインチェックは諦めずに再度顧客主義に考え、これからも仮想通貨取引所として日本を引っ張っていくと思いますし私はこれからもコインチェックを応援していきたいと思います。

現在コインチェックは新規口座開設ストップしてますので新たに口座開設をする場合は下記の取引所をオススメします。

bitFlyerの評判・メリット・デメリット BTCFXをするならbitFlyer

2017.12.31

Zaif取引所の評判・メリット・デメリット 積み立てをするならZaif!

2017.12.31

参考になりましたらブログランキングにも参加してますので応援して頂ける方は1日1回クリックお願い致します!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

投稿者プロフィール

管理人
管理人
元バイヤー、2016年から仮想通貨市場に参戦した投資家です。
趣味は旅行。
推し仮想通貨はLISK XRP NEM BNB TPAYです!










1 個のコメント

  • コメントを残す