bitbankTradeはどんな取引所?少しでも得するために知っておきたい情報とは!?




ビットバンクトレードとは

ビットバンクトレード(bitbankTrade)は、bitbank株式会社が運営する国内初のビットコイン先物証拠金取引が出来る取引所です

ここではビットバンクトレードのメリット・デメリットを紹介していきます

基本情報​

社名 ビットバンク株式会社
住所 〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F
お問い合わせ お問合せはこちらのお問い合わせフォームよりお願い致します。
設立 2014年5月
役員 代表取締役CEO 廣末紀之
取締役 都木聡(株式会社セレス 代表取締役社長)
取締役 峰松浩樹
取締役 加藤順彦
資本金 11億3100万円(資本準備金含む)
業務内容 仮想通貨関連事業
所属団体  ブロックチェーン推進協会, 仮想通貨ビジネス勉強会

https://www.bitbanktrade.jp/corporate – 引用

ビットバンク株式会社はbitbank.ccも運営していますよね

過去の記事でも紹介していますが、こちらは現物取引で様々なアルトコインと取引が出来ますのでよかったら見ていってください

bitbankでリップルを安く購入!他とは違う安さでお得に取引しよう!

2018.05.01

また、最後の口座開設でも書きますがbitbank.ccの登録をしておいた方が色々便利ですよ!

流動性の高さ

取引所でも大事な要素の一つである流動性

これはどれだけの人が取引や送金しているか、といったものです

ビットバンクトレードは非常に流動性が高く、人気のひとつとなっています

その理由は、中国三大取引所の一つであるOKCoinの取次をしています

これにより、ビットバンクトレードでOKCoinの板を取引が可能となって流動性が高く取引しやすい状況を作っているんです

人がいないと取引が成立しなかったり、価格も変動しなかったりで利用者にはデメリットとなるので、取引所を選ぶには流動性の高さにも注目していきましょう

取り扱っている仮想通貨

現在取り扱っているのはBTC/USDの1ペアのみとなっています

日本円にもできないので、BTCを他のウォレットから送金して利用するしかないです

少し手間かと思いますが、大体の取引所ではBTCを取り扱っているのでそこまで困ることではないかと思います

同じbitbankが運営している取引所bitbank.ccでもBTC/JPYを取り扱っているので、一緒に口座開設すると便利だと思います

両方の口座開設は最後にまとめて紹介していますので、困ったら見てください

先物取引

ビットバンクトレードでは先物取引となります

期限は今週来週四半期の三種類となっています

下記の画像の①で選ぶことができ、最終的には表示されている月日の17時のレートで自動取引されます

最終決済日の日付が表示されているのは見やすいですね

さらに画像の②見てもらうと仮計算というボタンがあります

これはシミュレーターで、現在の価格と決済した時の価格と数量を入力すれば、どのくらいの利益になるか算出してくれます

数量の単位1枚は100ドルです

キャピタルゲインフィーというのは、利益が出た時のみ発生する手数料のことです

キャピタルゲインフィーは利益額の0.2%かかります

仮計算の機能を使ってしっかりと利益を出せるよう調べておくのも大事です

レバレッジ最大20倍

ビットバンクトレードではレバレッジ最大20倍まで利用することができます

これによって少ない資金で大きな取引をすることができます

また、ビットバンクトレードでは追証がありません

要は持っている資金(証拠金)以上の損失は発生しないということです

レバレッジは大きな利益を望める代わり、大きな損失のリスクも負うので追証なしは非常にありがたいです

しかし、なぜ追証をなくすことが出来るのか?これは手数料が関係しています

続いてはその手数料について見てみましょう

手数料について

入・出金での手数料

BTCの入金は無料となっています

出金(送金)では0.001BTCかかります

ここはそこまで気にするほどの料金ではありませんね

取引所を利用慣れている人ならこんなものかくらいでしょう

取引手数料

先ほどレバレッジの説明で追証がないといいました

しかし、その代わりに手数料が他の取引所と比べて高い傾向にあります

逆に他の取引所では追証が発生するところばかりです

新規では0.01%、決済では無料となります

どちらが良いかは人によるとしか言えませんが、初心者に対しては追証が発生しない方が良いと思います

変に取引に失敗して借金とかしたくありませんからね

Zaifでは取引手数料がマイナス、つまり取引する毎に手数料が貰えるところもあります

取引手数料が高い場合、私は長期的な取引に向いていると考えます

長期的な取引であれば取引する回数も減り、うまい具合に事が進めばそれなりに利益も出るでしょう

スワップポイント(金利)

実は長期トレードをオススメする利点がまだあります

ビットバンクトレードではスワップポイント(金利)が発生しません

スワップポイントとは、取引を初めてから一定の時間が経過するとかかる料金のことです

これが発生する場合、長期トレードしてる間にどんどん金利が発生して負債が徐々に増えてしまいます

このスワップポイントがないのは長期でやるには相当大きいと思います

ロスカット率について

長期トレードの際に気になるのがロスカットについて

ロスカットとは証拠金維持率が一定の数値を下回った場合に、それ以上負債を増やさないよう強制的に決済が行われるシステムです

ビットバンクトレードでのロスカット率は他の取引所と比べてかなり低く設定され、20%となっています

例として証拠金1万で取引した時に、価格が急に落ちてしまった

しかし証拠金が2000円になった時点でロスカットされるのでそれ以上のマイナスになることはなくなるといった感じです

ロスカット率が低いと強制的に決済される可能性が少なくなるため、長期で放置していても安心です

かといって慢心してロスカットされるのも困るので、出来るだけ証拠金は余裕を持たせておきましょう

口座開設

ビットバンクトレードでの口座開設をする前に、先にbitbank.ccでの口座開設をオススメします

理由としては、bitbank.ccと連携していないと一日に引き出せるBTCが10万円以下となります

連携していれば500BTCまで上限が解放されるのでやっておいた方が良いです

それでは口座開設をしていきましょう

まず、bitbank.ccですが過去の記事の口座開設の欄で説明していますので、お手数ですが下記の記事から口座開設をお願いします

bitbankでリップルを安く購入!他とは違う安さでお得に取引しよう!

2018.05.01

次にビットバンクトレードの口座開設をします

ビットバンクトレードのサイトを開き、メールアドレスとパスワードを入力してチェックを入れ無料会員登録をクリック

メールが送られるので本文にあるURLをクリック

同意事項の確認をしたら3つチェックを入れて利用開始をクリック

これで登録が完了したのでログインをクリックしてログインしましょう

そのあと取引パスワードの登録画面にいくのでパスワードを決め入力したら登録するをクリック

次はbitbank.ccとビットバンクトレードを連携します

bitbank.ccにログインして画像の①~③の順にクリックします

連携パスワードが表示されるのでコピー、またはメモしてください

次にビットバンクトレードにログインして右のアカウントというところにカーソルを合わせると中が出てくるのでアカウントクラスをクリック

下記の画像のように「こちら」という所をクリック

連携パスワードを入力して連携をクリックで連携完了となります

オプション(歯車のマーク)で二段階認証もできるので下記の記事を参考にやっておくとセキュリティ面も強化できますのでぜひやってください

仮想通貨取引所の二段階認証の設定方法

2018.01.03

終わりに

ビットバンクトレードいかがでしたでしょうか?

ということで今回のおさらいです

まとめ
・OKCoinとの取次で流動性抜群!

・仮計算で利益をしっかりイメージ!

・レバレッジ20倍で狙える高利益!

・追証がなく初心者に優しい!

・ロスカット率の低さやスワップポイントがないため長期トレードに向いてる!

割とメリット・デメリットが分かりやすいと思いますので、どういった取引に向いてるか分かったと思います

追証なしだからといってやけくそな取引をしないよう慎重にやっていきましょう!

ビットバンクトレード
参考になりましたらブログランキングにも参加してますので応援して頂ける方は1日1回クリックお願い致します!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ








コメントを残す