Token Pay(TPAY)がドイツのWEG Bank AGと提携!今後の動きなどのまとめ




おはようございます!

こんな朝からTPAYホルダーにとってビックなニュースが舞い降りてきました。

そして次のステップも発表されTPAYホルダーがHODLする明確な理由も出来ましたので今回は先ほど発表された銀行提携についてまとめていきます!

Token Pay(TPAY)の特徴、メリット、仕組み、将来性を詳しく解説!

2018.05.08

ドイツのWEG Bank AGと提携完了

翻訳
本日、ドイツにあるWEG Bank AGとの契約を正式にクローズしたことを発表します。WEG銀行も同ウェブサイト上でパートナーシップを発表した。WEGバンク・AGの持分の9.9%を表す株券は、慣例的な規制当局の承認を得て銀行の80.1%を追加取得するオプションとともに、トークー・ペイ・スイスAGに譲渡された。この取引の収益は、2017年12月のトークン販売から得られたものです。ホワイトペーパーのロードマップに記載されているとおり、私たちは2017年11月の予測に沿って、2018年第2四半期にこの提携を完了しました。4月8 日に銀行取引のアップデートで述べたように、今回の提携を理解することは重要です。私たちは2017年12月にWEG Bankに接近しました。この銀行は、既存の不動産顧客基盤を伝統的な方法で引き続きサービスしながら、新しい経済と調和するFinTechソリューションを提供することに関心を示しています。私たちの主導的なテクノロジーの複雑さは、最終的に私たちにこのパートナーシップのために銀行によって選ばれる機会をもたらしました。私たちは、TokenPayの選択は、私たちの高度な知識と私たちのプラットフォームを支える驚異的なチームに対する強い証拠であると感じています。

今回の提携でTPAY側は大きな一歩を踏み出すことに成功しました。この発表によりデビットカードの発行が間も無くということ意味しているそうです。


XVG側も声明を出している。

次回の提携予定先

我々はリヒテンシュタインの銀行を同様に提携を提示している。当社の製品とサービスは高い需要を抱えており、急速に成長しているFinTech業界によってもたらされた強力な長期的な尾翼を十分に活用しようと考えています。私たちは6月にリヒテンシュタインの銀行と会い、WEG銀行と今日も同様のパートナーシップを結ぶことを予定している。

リヒテンシュタインは世界で6番目に小さい国です。

そして何故リヒテンシュタインの銀行を狙っているのか言いますとリヒテンシュタインのオフショア口座は世界で広く使われているそうです!

リヒテンシュタインの銀行口座開設に関する概要

  • プライベートバンキングサービスが主流。
  • Nomineeを使用した極めてセキュリティの高いオフショア法人の口座開設により、限りなく高い守秘性を獲得することが可能。
  • 信用格付機関から格付けを受けていて、銀行の信頼度を一目で確認することができます。AAA-Negative (Standard & Poor’s)
  • 使用言語は、ドイツ語・英語・イタリア語・ロシア語
  • 初期預金は、通常は非常に高額ですが、私達のサポートがあれば小額からでも開設可能。
  • インターネットバンキング 対応(英語)ご希望があれば言語サポートも行ないます。
  • 各種クレジットカード(VISA, Mastercard, Amex, Diners.)・ATMカード対応。
  • 世界トップクラスの資産運用能力。
  • スイスを凌ぐ世界トップクラスのセキュリティ。
  • 限りなくセキュリティの高い特殊な口座の開設 。
  • 口座開設時の現地訪問は必要なし。(希望者は現地訪問可)
  • インターネットバンキングはサポートしておりますが、この銀行は通常の銀行と性質が違いまして、インターネットバンキングに重点を置いておりません。
  • マルチカレンシー口座。(複数通貨)
  • インターネットバンキング、電話・ファックス、直接のご訪問による口座管理。

引用:オフショア情報局

TPAYがこの層を狙っているとしたらとてつもないビジネスになりそうですね。。。

FinTechプラットフォームの事前登録

私たちはTPAYホルダーに、私たちが構築している暗号に優しいFinTechプラットフォームへの早期アクセスを事前登録するように勧めます。その意図は、新しいデジタル経済に対応する完全な一連の製品とサービスを提供することです。最新のFinTechソリューションを初めて利用できるようになりました。

との事ですが事前登録はしてみましたがよく分からないのでサービス開始したら記事にしたいと思います。

まとめ

先日からTPAYの運営様と仲良くさせて頂き、より日本人に理解される情報をお届けしたいと思います。

今回のTPAYの提携はとても大きなニュースだと思います。規模は大きいか小さいか分かりませんがコツコツとビジネスを広げ色んな人に包み隠さずに運営している姿に好意を持ちました。

今後もToken Payの活躍を追っていきます。

参考になりましたらブログランキングにも参加してますので応援して頂ける方は1日1回クリックお願い致します!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ








コメントを残す