BCH(ビットコインキャッシュ)とは?ハードフォークで話題の仮想通貨を解説します!




BCH(ビットコインキャッシュ)とは?

BCH(ビットコインキャッシュ)とはBTC(ビットコイン)が2017年8月1日に初めてハードフォーク(分裂)したときに生まれた通貨です。

なぜハードフォークする必要があったのか、という点についてはそれがそのまま特徴となるので特徴の項目で説明しますが、すごく簡単に誰でもわかるように説明すると

  1. BTC(ビットコイン)の取引量がこのまま増え続けたら,
  2. BTC(ビットコイン)が使いにくくなる

のでハードフォーク(分裂)したと考えていただいて大丈夫です。

BTC(ビットコイン)から分かれて生まれた通貨ですので異なる点もありますがBTC(ビットコイン)の特徴を引き継いでいる点も多くあります。

ですのでここでは主にBTC(ビットコイン)にはなくてBCH(ビットコインキャッシュ)には存在する特徴やメリットについてまとめていきたいと思います。

分裂元となったBTC(ビットコイン)の詳しい解説は下記をご覧ください。↓

仮想通貨BTC(ビットコイン)について解説します!暗号通貨の凄さも必見です!

2018.05.09

BCH(ビットコインキャッシュ)の基本情報

会社:なし

通貨名:ビットコインキャッシュ

通貨単位:BCH・BCC

使用開始日:2017年8月1日

システム(アルゴリズム):Proof of Work

発行上限数:21,000,000 BCH

BCH(ビットコインキャッシュ)の特徴,メリットについて

ブロック容量がBTCの8倍に!

BTC(ビットコイン)の各ブロックの容量は1MBでしたが、BTCでは8MBとなっています。

ブロックの生成時間はBTCと同じ10分ですが、各ブロックの容量が増加したことにより、処理速度もBTC(ビットコイン)比で8倍になっています。

このブロック容量の増加により、BTC(ビットコイン)に発生していた

  1. BTC(ビットコイン)の取引量がこのまま増え続けたら,
  2. BTC(ビットコイン)が使いにくくなる

という問題(スケーラビリティ問題といいます)を解決しています。

セキュリティ面もBTCより向上

BCH(ビットコインキャッシュ)ではトランザクションにSIGHASH_FORKIDというフラグを足すことでBTC(ビットコイン)とトランザクションの区別をしています。

これによりどのような利点があるかというと、

リプレイアタック

というハッカーによる不正送金攻撃を防ぐことができます。

リプレイアタックを簡単に説明するとハードフォーク前後の通貨の送金に対し、不正なトランザクションを作成して2重に送金されてしまうという不正送金攻撃です。

例としてBTC(ビットコイン)が分裂したとして説明するとこのようになります。

しかしこれがSIGHASH_FORKIDフラグの採用により対策がされているBCH(ビットコインキャッシュ)の場合だと

 

このように不正に送金されることはありません

また、BCH(ビットコインキャッシュ)はハードウェアウォレットのセキュリティも向上しています。

BCH(ビットコインキャッシュ)の特徴,デメリットについて

BTC(ビットコイン)よりも中央集権的な通貨

BCH(ビットコインキャッシュ)は主に中国系のマイナーによって作り出されました。

つまり開発者がマイナーを兼ねています。

これによりBTCのようにユーザー、マイナー、開発者の意見が分かれていた状況よりもマイナー、開発者の意見が通りやすい比較的中央集権的な通貨となっています。

ハードフォークについて

つい先日である2018年5月15日、BCHはハードフォークを行いました。

これはBTCがハードフォーク(分裂)してBCHが生まれた、といったようなものではなくアップデートのためのハードフォークとなっています。

このハードフォークにより

主にアップデートされた点は2点です。

  1. ブロック容量が32MBまで拡張
  2. 基礎的なスマートコントラクトの導入が可能になった

という2つが主なアップデート内容になっています。

1のブロック容量の増加に関してはわかりやすく、従来の4倍のブロック容量になったことにより、処理速度の高速化スケーラビリティ問題の更なる解決を図っています。

2の基礎的なスマートコントラクトの導入が可能になったというのもそのままの意味ですが、ここでいうスマートコントラクトは現状ですとETH(イーサリアム)のような通貨の基盤になるようなシステムではなくネットワークの維持や通貨の独占を防ぐ、といったようなものとなっています。

どちらも今後BCH(ビットコインキャッシュ)がさらに普及し、実用されていくのかという点において重要なアップデートでした。BCH(ビットコインキャッシュ)の今後に期待しましょう!

取引について

BCH(ビットコインキャッシュ)での取引はいくつかメリット・デメリットがあります

メリット
・24時間365日取引可能

FXとは違い、いつでも可能

・どこの国でも送金ができ、早くて手数料も安い

銀行など経由せずに送れるため安く済む

・少額からでも取引可能

1,000円くらいからでも可能

デメリット
・国による保証がない

暴落したりハッキングされてもお金が戻る保証はどこにもない

・価格変動が激しい

長期的に保有するのは難しい

・誤送金しても戻ってこない

QRコードやアドレスには要注意

取り扱っている取引所・販売所(国内)

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのメリット・デメリットについて解説 アルトコインのレバレッジ取引と使いやすい取引ツールが特徴!

2018.04.21

bitFlyer

bitFlyerの評判・メリット・デメリット BTCFXをするならbitFlyer

2017.12.31

Bit Trade

Bit Tradeのメリットについて解説!チャートが見やすい取引ツールが特徴!?

2018.04.20

Zaif

Zaif取引所の評判・メリット・デメリット 積み立てをするならZaif!

2017.12.31

Coincheck

国内取引所アプリ利用者No.1 coincheck

2017.12.31

bitbank

bitbankでリップルを安く購入!他とは違う安さでお得に取引しよう!

2018.05.01

QUOINEX

国内最大級の仮想通貨取引所、QUOINEXについて解説!強固なセキュリティと独自のサービスが魅力

2018.04.29

GMOコイン

GMOコインって何?GMOコインの口座開設~メリットまで

2018.04.17

取り扱っている取引所・販売所(国外)

HitBTC

マイナーなアルトコインや上場直後のICOが狙い目!HitBTCのメリット/デメリットを解説

2018.05.01

Bittrex

種類豊富過ぎる取引所Bittrex!そのメリット~口座開設を紹介します!

2018.04.30

Huobi

取引高世界最大級 Huobiの特徴やメリット/デメリットをわかりやすく解説

2018.04.08

Binance

Binanceの評判・メリット・デメリット 初めての海外取引所ならBinance!

2018.01.01

Livecoin

アルトコイン好きにおすすめの取引所!Livecoinの特徴やメリット/デメリットについて解説します

2018.05.24

BitMEX

最大レバレッジ100倍!?人気になりつつある取引所BitMEXをご紹介します!

2018.04.25

Bithumb

韓国大手の取引所Bithumb(ビッサム)がすごい!その特徴から口座開設まで説明します!

2018.04.23

Kucoin

Kucoinの評判・メリット・デメリット 配当制度で稼ぐならKucoin!

2018.01.05

参考になりましたらブログランキングにも参加してますので応援して頂ける方は1日1回クリックお願い致します!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

国内仮想通貨取引所