中国版イーサリアム!? 今後の開発に期待が持てる仮想通貨NEOを解説します!




NEO(ネオ)とは?

NEO(ネオ)とは、創業者Da Hongfeiが開発会社Onchainを通じ、2014年2月にAntSharesとして開始したプロジェクトが2017年6月に改名されたものです。のがです。基本構想としてはイーサリアムと同じくスマートコントラクトを駆使し、便利な経済圏を確立すること、となっています。アルトコインとしてはかなり新しいものとなりますが現在の時価総額ランキングでは11位に位置しています。

中国初のパブリックブロックチェーン(不特定多数の参加者によって取引の承認が行われる制度)として、一時は時価総額ランキングで5位に位置するなど、その有用性、利便性からかなりの注目度を集めている仮想通貨となっていますが今回はそんなNEOの特徴やメリット、デメリットについて解説していきたいと思います。

NEO(ネオ)基本情報

会社:Onchain

通貨名:ネオ

通貨単位:NEO

使用開始日:2017年6月(AntSharesとしては2014年2月)

システム(アルゴリズム):DBFT

発行上限数:100,000,000 NEO

NEO(ネオ)の特徴,メリットについて

NEOは中国の仮想通貨らしく、様々な仮想通貨のいいとこどりをしたような通貨となっています。

その中でも特に特徴的な部分を4点ご紹介します。

スマートコントラクトの搭載

NEOが中国版イーサリアムと評される一番のポイントがこのスマートコントラクトの搭載でしょう。

スマートコントラクトとは簡単に言えば契約という行動をプログラムによって機械的に処理し、自動化しようとするものです。

しかしNEOはイーサリアムとはスマートコントラクトの搭載とプラットフォームの以外の部分において似通った部分は特になく独自の機能、方向性を持った通貨となっています。

開発者にとってありがたい、豊富な開発言語の採用

開発者側のメリットとなるのですが、イーサリアムのスマートコントラクト開発にはSoliditySerpentといった独自言語の習得が必須となっていました。ですがNEOではJavascriptやC,C#やpythonなどのメジャーなプログラミング言語がそのまま使用可能です。NEOを通すことでほぼすべてのプログラミング言語に対応できるともいわれており、開発者が参入しやすい環境が整っています。これは未だ発展途上である仮想通貨という分野において大きなメリットであるといえます。

DBFTというブロック承認方式の採用

NEOはDBFT(ビザンティン耐障害性コンセンサスメカニズム)という認証方法をとっています。それを言われても何のことかわからないと思いますので、言葉の意味はさておきどのような承認方式をとっているかを解説します。

認証の流れを説明すると、

  1. NEO保有者による投票でbookkeeperと呼ばれる帳簿係が複数名選出される
  2. 選出されたbookkeeperの中からランダムで代表者(ブロック生成者)1名が選ばれ、その他のbookkeeperブロックの妥当性に投票する投票者となる
  3. 代表者が投票者の66%以上の合意が獲得できればブロック生成、66%の合意を得ることが出来なければ再度代表者の選出からやり直し

という政治のような認証方式です。

bookkeeperに選出されると本名や所属団体を公表せねばならない代わりに、報酬として後述するGASと呼ばれるNEOプラットフォームを実行する際に消費されるトークンが付与されます。

NEOとGASの2種類の仮想通貨を使用

NEOがスマートコントラクトプラットフォームとして機能する通貨であり、GASNEOスマートコントラクトを実行する際に消費される、いわばNEOプラットフォームを走らせる燃料となるトークンです。

GASは前述のbookkeeperへの報酬として付与されており、こちらの発行上限もNEOと同じ100,000,000枚が上限となっています。

GASNEOを対応ウォレットに保持しているだけでも付与されるのでNEO購入後、売買の予定がない場合はウォレットへの保管をおすすめします!

下記がGASの付与に対応したウォレットであるNEON WALLETへのリンクとなっています

https://neonwallet.com/

NEO(ネオ)の特徴,デメリットについて

中国の仮想通貨規制の状況による影響が大きい

NEOは機能、発展性など次世代の仮想通貨として申し分ない性能を持っているのですが中国で生まれた仮想通貨ということもあり、中国の仮想通貨規制の影響を大きく受けます

実際に中国がICO規制を発表した際、NEOはICOプラットフォームとしての役割も期待されていたため30%ほどの急激な価格の下落が起きています。仮想通貨に否定的な中国の動向に常に目を光らせていなければNEOの動向もわからなくなってしまうため注意が必要です。

しかし中国の通貨ということは悪いことだけでなく、超巨大企業であるアリババとの提携も発表されているため今後中国、NEO双方の動きに注目です!

取引について

NEO(ネオ)での取引はいくつかメリット・デメリットがあります

メリット
・24時間365日取引可能

FXとは違い、いつでも可能

・どこの国でも送金ができ、早くて手数料も安い

銀行など経由せずに送れるため安く済む

・少額からでも取引可能

1,000円くらいからでも可能

デメリット
・国による保証がない

暴落したりハッキングされてもお金が戻る保証はどこにもない

・価格変動が激しい

長期的に保有するのは難しい

・誤送金しても戻ってこない

QRコードやアドレスには要注意

取り扱っている取引所・販売所(国外)

HitBTC

マイナーなアルトコインや上場直後のICOが狙い目!HitBTCのメリット/デメリットを解説

2018.05.01

Bittrex

種類豊富過ぎる取引所Bittrex!そのメリット~口座開設を紹介します!

2018.04.30

Binance

Binanceの評判・メリット・デメリット 初めての海外取引所ならBinance!

2018.01.01

Livecoin

アルトコイン好きにおすすめの取引所!Livecoinの特徴やメリット/デメリットについて解説します

2018.05.24

Kucoin

Kucoinの評判・メリット・デメリット 配当制度で稼ぐならKucoin!

2018.01.05

参考になりましたらブログランキングにも参加してますので応援して頂ける方は1日1回クリックお願い致します!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

国内仮想通貨取引所