中国三大取引所のOKCoin(OKEx)を解説!取次店のbitbankTradeにも要注目!




OKCoinとは

運営している会社名はOKEX FINTECH COMPANY LIMITEDといい、2013年に中国で設立されました

中国三大取引所と言われるうちの一つであり、非常にユーザーが多いです

OKCoinは三つの取引所を運営しており、それぞれ利用者の層が変わってきます

  • OKEx.com・・・どの層でも向いている
  • OKCoin.cn・・・中国人向け
  • OKCoin.com・・・USD利用者向け

この中で日本人が利用するならばOKExですね

それではOKCoin(OKEx)特徴を見てみましょう

取り扱い通貨

OKExアルトコインの種類が豊富で150種類以上取り扱っています

詳しくはOKExまたはhttps://coinmarketcap.com/ja/exchanges/okex/から

新規上場した仮想通貨も積極的に取り扱っているので、将来性を見込んで投資することもできます

発行元がしっかり分かる通貨を取り扱っているみたいなのでそれなりに信用はあると思います

しかし、最近では怪しい仮想通貨も増えているので自分でしっかり調べて安全か見極めましょう

また、OKExではJPYは使えませんので他から送金する必要があります

海外取引所を利用するなら国内取引所を一つは登録しておくと便利です

日本語未対応

海外取引所での日本語に対応しているところは少なく、OKExも対応はしていません

基本は英語で表記されているので読める方は問題ないです

先物取引をしたいという方は、正規取次代理店としてbitbankTradeがあります

これは国内の取引所を運営しているbitbankが、OKCoinの板で先物取引が出来るようサービス提供しています

こちらはもちろん日本語で対応されていますので、安心して利用しやすいです

過去記事でも紹介しているので興味がありましたらチェックしてみてください

bitbankTradeはどんな取引所?少しでも得するために知っておきたい情報とは!?

2018.05.13

取引手数料

現物取引と先物取引とでは取引手数料が変わってきます

また、決められたレベルによっても安くなったりするのでよく確認しておきましょう

どちらもLvが高いほど手数料は安くなりますが、その分取引量を多くしていないとなれません

現物取引でLv2になるには過去30日間で600BTC以上の取引が必要となるので、かなり厳しいと思います

Lv1でも特段高い訳ではないのでLvに固執する必要もないですね

取引量の多さ

海外取引所と言えばBinanceが有名ですね

海外取引所を利用するならBinanceと言われたりもしますが、そのBinanceに負けないくらいの取引量となっています

ですので板が厚い注文の通りやすく、取引のしやすい取引所となっています

セキュリティ

直接会社にハッキングされたといった事件は起こってないようです

しかし、2017年9月にユーザーへのハッキング被害が起こり約600BTCの被害が起こりました

OKEx側はユーザーのセキュリティ管理不足として、二段階認証を設定するよう促しました

利用する際はきちんと二段階認証しましょう

仮想通貨取引所の二段階認証の設定方法

2018.01.03

口座開設

OKExの口座開設非常に簡単で、5分もあれば完了します

説明のために画像を使いますが、これはgoogle翻訳されているものですのでご了承ください

HPの右上にあるサインアップ(SignUp)をクリックします

情報を入力する画面へ移動します

赤枠以外を先に入力し、最後に赤枠のコード取得を押します

入力したメールアドレスにメールが来るので書いてある6桁の数字を入力します

抜けてる欄がないか確認してサインアップをクリックすると口座開設完了となります

終わりに

海外取引所でも多くの取引量を誇るOKCoin(OKEx)はどうでしたか?

日本語対応していないので利用しにくいと思いますが、ビットバンクトレードでも板は同じなのでこちらを利用するのもいいですね

bitbankTradeはどんな取引所?少しでも得するために知っておきたい情報とは!?

2018.05.13

参考になりましたらブログランキングにも参加してますので応援して頂ける方は1日1回クリックお願い致します!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

投稿者プロフィール

JYO
JYOパチンコジャーナリスト
パチンコ負けすぎて仮想通貨で一発逆転狙ってます。本気です。
趣味 パチンコですが趣味のレベルでやってません。本気です。
推しコイン ADA TRIG TRX