日本語完全対応のモバイルウォレット「GINCO」!シンプルで評判の良いアプリを解説します!




仮想通貨を取り扱う上で、取引所のハッキングの恐れが出てきます

その時、自分の保有する仮想通貨は無事なのか怖いですよね

今回はそういったリスクを抑えるため、アプリで管理できるGincoを紹介します!

GINCOとは

Gincoはスマホアプリで、安心・安全に仮想通貨を管理し入金や送金が出来るモバイルウォレットです

仮想通貨の銀行と思うと分かりやすいと思います

次世代の仮想通貨ウォレットを目指し、日本発で利用しやすくなっています

対応している仮想通貨

2018年6月10日現在、以下の仮想通貨が対応されています

仮想通貨
  • Ethereum
  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Augur
  • DigixDAO
  • TRON
  • OmiseGO
  • 0x
  • EOS
  • Kyber
  • Zilliqa
  • Status
  • Decentraland

今後RippleやLisk等、さらに多くの仮想通貨が取り扱われる見込みとなっています

セキュリティについて

Gincoクライアント型ウォレットとなっています

仮想通貨には公開鍵と秘密鍵というのがあります

公開鍵は南京錠みたいなもので、誰にでも鍵をかけることが出来ます

一方秘密鍵は南京錠の鍵と思ってください

秘密鍵がないと南京錠は開けることが出来ません

Gincoでの秘密鍵はユーザー自身しか保存(所有)していないので、たとえGincoがハッキングされたとしてもリスクはありません

しかしスマホ自体にハッキングやウイルスが入ってしまう場合は資産を失う場合があります

Gincoを利用するには自分で秘密鍵を守ることが大切となります

App Storeの審査にも受かっているため信頼もできます

仮想通貨のAirDrop(エアドロップ)

AirDropとは、仮想通貨を無料で配布すること、つまりタダで貰うことが出来ます

タダで貰えるなんてうまい話詐欺ではないのか?と考える方もいると思います

AirDropは知名度を上げ、その仮想通貨を流通させるという目的があります

仮想通貨がたくさんあって探すのが大変の中、無料でお試しとして配ることで知名度が上がります

知ってもらってから通貨の良さが理解されれば、需要も増して価値も上がっていくでしょう

GincoではAirDropに参加することが出来、条件さえ整えば無料で仮想通貨を貰うことが出来ます

随時行われるみたいなので要チェックしてタダで貰いましょう!

シンプルな操作感

実際に操作してみないと分かりにくいと思いますが、見た目はシンプルで操作がしやすいです

日本語が完全に対応されているため迷ったり操作ミスをしなくても済みます

海外発のウォレットでは日本語が対応していなかったり、英文でごちゃごちゃしていたりする場合もあるので非常に便利です

GINCOに登録

Gincoの登録のやり方を説明していきます

まずApp Storeからダウンロードしましょう(Google Playは近日リリースされるみたいです)

上記アイコンをタップするか、App Storeで「GINCO」と検索しましょう

起動すると最初にユーザー名を求められるので入力して次へをタップしましょう

次に暗証番号の設定になるので6桁の番号を入力します

後で変更することも可能です(忘れないようにメモしておくと安心です)

もう一度確認で入力したら次は利用規約になります

よく読んでから3つチェックにタップし、下のGINCOを始めるをタップ

通知の許可を許可するをタップすると登録完了となります(通知も後で設定変更できます)

セキュリティ設定

簡単に登録できたと思いますが、このままではセキュリティ面が弱いです

先にも言った通り自身でしっかり管理しないといけないので設定はしっかりやっておきましょう

まずは紛失や不具合が起きた時のためにバックアップを作成しましょう

ホーム画面右上の人型のアイコンをタップします

セキュリティ設定をタップし、バックアップを実行します

右上の次へを押し、お願いを確認します

最初に1から12までひらがなで単語が出てきます

これらの数字と単語を紙にメモしましょう(ここでスクショすると警告が出ます)

全部メモしたら次へを押すと、今度は先ほどの単語だけバラバラに表示されます

先ほどメモしたものを見ながら1から順番になるよう単語をタップして完了しましょう

この12個の単語がバックアップに必要なものとなるので失くさないように保管しておきましょう

バックアップの次に起動時のセキュリティを設定しましょう

先ほどと同じようにセキュリティ設定までいき、起動時に暗証番号を要求するをタップ

暗証番号を求められるので入力

そうしたら先ほどのところがONになっていれば完了となります

終わりに

モバイルウォレットGincoはどうでしたか?

日本の企業が運営しているためかなり分かりやすく、使いやすいと思います

ハッキングやコイン流出が問題となっている今、しっかりと自分で資産を守りましょう!

参考になりましたらブログランキングにも参加してますので応援して頂ける方は1日1回クリックお願い致します!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

投稿者プロフィール

JYO
JYOパチンコジャーナリスト
パチンコ負けすぎて仮想通貨で一発逆転狙ってます。本気です。
趣味 パチンコですが趣味のレベルでやってません。本気です。
推しコイン ADA TRIG TRX