アルトコイン好きにおすすめの取引所!Livecoinの特徴やメリット/デメリットについて解説します




アルトコインが好きな方は必見!膨大な量のアルトコインを扱っており海外で人気の取引所、Livecoinのメリットやデメリットなどを解説していきます!

取り扱い通貨

Livecoinでは300種類以上の仮想通貨567の通貨ペアで取引されています。

日本の取引所では基本的には数種類、多くても十数種類の扱いしかありません。

中には取引量の多いもの、少ないものからそれこそ取引量0といったものまでありますのでアルトコイン好きの方は一覧を眺めながら調べているだけでも楽しいのではないでしょうか。

下記は取り扱い通貨ペアの一部抜粋画像です。

Livecoinのメリット

取り扱っている通貨、通貨ペアが多い

Livecoinの一番のメリットは取引可能な通貨、通貨ペアが多いということです。

日本の取引所では扱っていないマイナーなアルトコインもLivecoinでは扱っています。

今後様々な機能、特徴を持った仮想通貨が作成され、市場へ流れることが予想されますが日本の取引所で扱われる通貨は限られています。

Livecoinではそのような通貨も早い段階から取引が可能ですのでよく言えば時代を先どることができます。

ただしやはりその通貨が本当に価値あるものなのかを見極める力が必要となってくるためどちらかといえば玄人向けの取引所だという印象です。

匿名での取引所への登録、取引が可能

国内取引所と違い、口座開設、取引に本人確認を必要としません

ですので口座を開設し、入金を済ませたらすぐに取引を開始することができます。

ある程度相場の安定した主要コインと違いマイナーなアルトコインで利益を出そうとするとスピーディに取引を行うことが求められるため、こちらもメリットとなります。

また、日本の取引所の場合は個人情報の入力が必須となっているため、万一の場合個人情報の流出が懸念されますが匿名で登録することができるLivecoinではその心配はする必要がありません

Livecoinのデメリット

運営元情報が秘匿されており、信頼することが難しい

個人的にはここが一番のデメリットだと思います。

国内取引所では金融庁の厳しいチェックのもとに仮想通貨交換業者に登録されるためあまり気にする必要はありませんが国外取引所ではかなり運営元があやふやでも取引所として成り立ってしまいます。

Livecoinは発祥がロシアの取引所である(これも不透明な情報です)

ということ以外が基本的にわからないような状況で運営されています。

万一突然の閉鎖、ということもごくわずかな可能性ではありますがあり得ますのでご利用には十分気を払ってください。

少額の取引だと手数料が高い

こちらはLivecoinの取引手数料一覧なのですが

Livecoin取引量に応じて取引手数料が9段階に変化します。

もっとも取引量が少なく、手数料が高い状態だと取引手数料は0.18%と国外取引所にしては安くはありません

最安では0.02%まで取引手数料が下がりますがそれには1か月で2億円以上の取引が必要となります。

日本語に対応していない

海外の取引所ですので仕方がないのですが日本語に対応していません

何か問題が発生した時のサポートへの連絡も日本語では行えず、知りたい情報も基本的には公式サイトを翻訳しながら探す必要があります。

Livecoinの口座開設

Livecoinの口座開設はとてもシンプルで簡単です。

まず画像右上の「Open a Trade Account」をクリックします。

すると下記のページに移行するので必要事項を記入し、チェックボックスにチェックを入れたら下にある規約などの同意にもチェックを入れ「Continue」をクリックします。

するとページが更新され認証番号が入力できるようになります。

登録したメールアドレスに認証用URLと認証番号が記されたメールが届くので認証用URLにアクセスするか、元のページに戻り認証番号を入力して口座開設完了となります。

Livecoinのまとめ

マイナーなアルトコインが好きな方、まだ市場価値がついていない通貨を取引したい方におすすめです!

日本語未対応な点や運営元の情報が全くないため、万一問題が発生した場合にも運営元が対応してくれるかどうかが不明です。相応のリスクがあることを理解したうえで最大限活用できる方の利用をお薦め致します。

Livecoinの登録はこちらから

参考になりましたらブログランキングにも参加してますので応援して頂ける方は1日1回クリックお願い致します!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

国内仮想通貨取引所










コメントを残す