Zaif取引所の評判・メリット・デメリット 積み立てをするならZaif!




日本の取引所は大きく分けて三つの大手取引所が存在します。

日本アルトコイン最大手のコインチェック、ビットコインFXのビットフライヤー、積み立て&Zaif銘柄のZaifの三種類存在します。

その中の三つ目であるZaif取引所を今回は評判・メリット・デメリットをレビューしたいと思います。

仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」の概要

Zaif会社概要
会社名: テックビューロ株式会社(英語表記:Tech Bureau, Corp.)
住所:〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町1-4-1オリックス本町ビル4F
設立:2014年6月16日
資本金:8億3,013万円
代表取締役:朝山貴生

取り扱い仮想通貨

Zaifでは主に5種類の仮想通貨が取り扱われています。

主な取り扱い主要通貨
BTC(ビットコイン)
XEM(ネム)
MONA(モナコイン)
LTC(ライトコイン)
ETH(イーサリアム)
上記の5種類が主な取り扱い主要通貨になります。

それ以外にもトークンと言ったものがあります。

トークンは仮想通貨のプラットフォームを間借りしてできた貨幣の事を指します。

Zaifには9種類のトークンが存在します。

取り扱いトークン
ZAIF(ザイフトークン)
XCP(カウンターパーティー)
BCY(ビットクリスタルズ)
SJCX(ストレージコインエックス)
FSCC(フィスココイン)
PEPECASH(ぺぺキャッシュ)
CICC(カイカコイン)
NCXC(ネクスコイン)
JPYZ(ゼン)
以上が取り扱いトークンです。

最後にZaif取っておきの通貨が存在します。

COMSA
CMS(コムサ)

以上の15種類の通貨をzaif取引所で取り扱っています。

Zaifでしか買えない通貨がある

実はZaifでしか購入できない通貨があります。その例がZaifトークンやCOMSAになります。

Zaifトークンは2017年の6月辺りは0.1円を推移していました。それが12月の最高値は4円をマーク!

40倍の上昇を見せました!!それ以外にもPEPECASHが2017年1月には0.01円だったのが28円をマーク!!

2800倍にも膨れ上がりました!COMSAなども日経新聞で話題になったりと目が離せない案件が多いです。

 積み立て投資が出来る!【Zaifコイン積み立て】

Zaifは他の取引所と違った特徴があり積み立ての投資が可能となっています。

Zaif積み立ては毎月設定した金額が指定した銀行口座から引き落とされて、自動で設定した仮想通貨に投資をしてくれるサービスとなっております。

補足説明
ドルコスト平均法とは、値動きのある金融商品を購入する場合に、毎月(定期的に)一定の金額ずつ購入することにより、毎月(定期的に)一定の数量ずつ購入する場合よりも有利な取得価額に分散をすることができるという投資法です。引用:投資信託入門講座

これによって投資のタイミングを見失わないで済みます。

Zaifのデメリット

本人確認書類の到着がおそい

Zaifは本人確認書類の郵送がとても遅く早くて一週間で遅いと一ヵ月かかったりします。

その間に買いたい通貨が高騰する可能性があるので早いうちに口座開設しましょう。

サーバーが不安定

Zaifは三つの取引所の中でも最も多くサーバーが落ちます。

 

ってくらい落ちます。

デイトレードでは不利ですね。

早いうちに作っておきましょう!

まとめ

ZaifはやはりZaifでしか買えない通貨が大きいですね。私自身COMSAなどには大変期待しています。

これから日本の企業の資金調達などに大きく貢献できるプロジェクトだと思っているので成長が見込まれます。

そういった面で口座開設は欠かせない取引所です。

口座開設はこちら→Zaif


参考になりましたらブログランキングにも参加してますので応援して頂ける方は1日1回クリックお願い致します!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

投稿者プロフィール

管理人
管理人
元バイヤー、2016年から仮想通貨市場に参戦した投資家です。
趣味は旅行。
推し仮想通貨はLISK XRP NEM BNB TPAYです!










コメントを残す